2017年07月22日

【推定年俸】セレッソ大阪×浦和レッズをプレビューしてみた

 KOBAYOUでーす。


 Jリーグはここしばらく、サマーブレークとして試合がありませんでした。例年だと国際Aマッチデーがあったりして、日本代表が試合をしたりしているあいだに、プレシーズンマッチやミニキャンプをしたりする……のですが、今季は天皇杯やプレシーズンマッチ、変則的な日程にルヴァンカップのプレーオフと試合が目白押しで休んでいるヒマなんてありません。

 そんな2017シーズン、Jリーグのサマーブレーク最大のトピックといえばアレです、ついにあの人が! 

 そう、関口訓充のTwitterに、アイドルの山本彩さんからリプライがあったのです!




 ……。
 まぁ、浦和サポーターのみなさんも、クニのことですから喜んでやってくださいねー。


【プレビュー】前半戦のリベンジ。2017J1第22節

 というわけで。
「セレッソ大阪vs浦和レッドダイアモンズ」を採りあげて、推定年俸をつかってプレビューしてみましょう。

 方法はいつもとおなじ。スタメン11名とベンチ7名を予想して、その推定年俸を戦闘力として(笑)眺めてみよう、といったところ。
 毎回書いていますが、お遊びですからねー。推定年俸=スカウターの戦闘力((C)鳥山明)、みたいなノリだと思って楽しんでもらえたら嬉しいです。



 ではさっそく、次の表をみてみましょう。


いうまでもなくもちろんジョークです

 なんとなく、公式感を出してみました(笑)。試合のメンバー表風になっています。


ここまでの両チーム


セレッソ大阪(以下、C大阪)は、開幕節を、J1残留をぎりぎりではたしたジュビロ磐田と引分けたあと、2016年間勝点1位(でも優勝していない)浦和レッズにJ1の洗礼を浴び、おなじ昇格チームのコンサドーレ札幌に追いつかれて引分け、と開幕ダッシュに失敗。
 その後、ユン・ジョンファン監督の古巣であるサガン鳥栖にようやく勝利すると、松田陸横浜F・マリノス齋藤学を自由にさせずに抑えこんで、2−0と連勝。鹿島アントラーズには、これも古巣対決となった山村和也がゴール前、ニアで相手ディフェンダーから消える動きをして角度のないところからヘディングをきめて1−0で3連勝。
 大阪ダービーは、杉本健勇の2ゴールがありながらも2−2とくやしい引分け。
 第8節は、ヴァンフォーレ甲府相手に、杉本健勇の2戦連続弾で先制するも、コーナーキック(CK)からのヘディングを決められて1−1となり、これも2戦連続で引分け。
 第9節、川崎フロンターレに前半、ペナルティキック(PK)を取られるも、PK失敗に助けられ、山村和也清武弘嗣のゴールで2−0と勝利。
 第10節の柏レイソル戦は、5月の陽気のなか暑さと疲れの影響もあってか、丸橋祐介の右足でのクリアボールが、詰めてきていたクリスティアーノに当たって入ったゴールを守りきられて0−1で敗北。
 第11節、サンフレッチェ広島には先制されるも、杉本健勇のゴールで同点。つづいて清武弘嗣が押し込んで逆転に成功。さらにはマテイ・ヨニッチがヘディングで突き放す。後半、こぼれ球をミキッチのミドルシュートで一点差に詰め寄られるも、直後に杉本健勇が、味方陣内左から相手ペナルティエリア右付近までの60〜70メートルをドリブルで持ち上がってそのままゴールを決めて再度突き放し、最後はもう一度、右サイドからのCKを、マテイ・ヨニッチが今度は足で押し込んで、5−2で勝利。
 第12節は、大宮アルディージャを相手に、左CKを、清武弘嗣がニアでヘディングして先制。つづいても右CKを山村和也が高い打点のヘディングで押し込んで追加点。さらに関口訓充のグラウンダーのマイナスのパスを、体勢をくずしながらも右足を振り抜いた杉本健勇のシュートが決まって、3−0で勝利。
 第13節は、ヴィッセル神戸に対して、マテイ・ヨニッチからのロングフィードに抜け出した山村和也が先制ゴールを決めるも、ゴール前で山下達也にぴったりとくっつかれながらもボールをおさめた渡辺千真にゴールを決められ同点。後半、神戸が盛り返したところへ山村和也の左サイドからの山なりのクロスを、途中出場した水沼宏太が右サイドのニアへボレーで突き刺して、2−1で勝利。
 第14節は、アルビレックス新潟を迎えたホームゲームで後半、柿谷曜一朗のPKを皮切りに怒濤の4ゴールで、4−0で勝利。
 第15節、清水エスパルスには、前半早々にチアゴ・アウベスに左サイドから破られて、チョン・テセのゴールで先制されたものの、後半ロスタイムに清武弘嗣のPKで追いついて、からくも1−1の引分け。
 第16節、なんと14年間勝てていない仙台ホームでおこなわれたベガルタ仙台戦は、柿谷曜一朗の左足ボレーで先制。さらに杉本健勇のスルーパスから山村和也のゴールで突き放すも、きれいに中央を崩されて失点。それでも、左サイドからのクロスに山下達也が打点の高いヘディングで追加点。またも美しい崩しから追いすがられるも、最後は、ソウザが放ったシュートのはね返りを山口蛍がミドルシュートでゴールへ突き刺し、4−2で勝利。
 第17節は、FC東京の永井謙佑の速いカウンターからピーター・ウタカに決められて先制されるも、後半、FC東京から加入の水沼宏太が上げたクロスを杉本健勇がヘディングで決めて追いつき、つづいてまたも水沼宏太から、これも元FC東京の松田陸がオーバーラップしてゴールにせまり、GKの左腕と左足の間を抜くシュートで逆転。さらにはソウザがミドルシュートを決めて、3−1で連勝。
 第18節は、柏へのリベンジマッチ……に先制されたものの、右CKからゴール前の競り合いのなかで杉本健勇が蹴り込んで同点。つづいて水沼宏太の低い右からのクロスをソウザがピンポイントで合わせたシュートを突き刺し逆転して、2−1で勝利。
 18試合で11勝5分2敗、勝点38です。

 浦和レッズ(以下、浦和)は、開幕戦、横浜F・マリノスに2−3で敗北。
 第2節、C大阪にはホームで、3−1で勝利。
 第3節、甲府にたいして、4−1で勝利。
 第4節、吹田とは、1−1で引分け。
 第5節、神戸に、3−1で勝利。
 第6節、仙台相手に、7−0で勝利。
 第7節、FC東京には、1−0で勝利。
 第8節、札幌相手に、3−2で勝利。
 第9節、大宮との埼玉ダービーは、0−1で敗北。
 第10節、鹿島に、0−1で連敗。
 第11節、新潟には、6−1で勝利。
 第12節、清水相手に、3−3で引分け。
 スケジュールの関係で、第13節はのちに開催。
 第14節は、との試合に、0−1で敗北。
 第15節は、磐田に、2−4で連敗。
 第16節は、鳥栖相手に、1−2で3連敗。
 第17節は、広島には、4−3で勝利。
 第13節は、川崎に、1−4で敗北。
 第18節は、新潟には、2−1で勝利。
 18試合で、9勝2分7敗、勝点29です。

 つづきを読む

posted by KOBAYOU at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ大阪2017 | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

推定年俸でセレッソ大阪×柏レイソルをプレビューしてみた

 KOBAYOUでーす。


 2017年7月2日。セレッソ大阪はJ1で首位に立ちました。暫定ですけど。わずか3日で鹿島アントラーズに抜かれましたけど。
 2005年12月2日以来の首位です。奇しくもそのときも今回も、相手はFC東京。あらためて記録を見ると、茂庭照幸の名前が。あの日、モニさん出てたんですね……。

 いまや、両クラブにおける関係者は藤本康太とモニさんのふたりだけかー。


【プレビュー】餅ダービーでリベンジ! 2017J1第18節

 というわけで。
「セレッソ大阪vs柏レイソル」を採りあげて、推定年俸をつかってプレビューしてみましょう。

 方法はいつもとおなじ。スタメン11名とベンチ7名を予想して、その推定年俸を戦闘力として(笑)眺めてみよう、といったところ。
 毎回書いていますが、お遊びですからねー。推定年俸=スカウターの戦闘力((C)鳥山明)、みたいなノリだと思って楽しんでもらえたら嬉しいです。



 ではさっそく、次の表をみてみましょう。


いうまでもなくもちろんジョークです

 なんとなく、公式感を出してみました(笑)。試合のメンバー表風になっています。


ここまでの両チーム

 セレッソ大阪(以下、C大阪)は、開幕節を、J1残留をぎりぎりではたしたジュビロ磐田と引分けたあと、2016年間勝点1位(でも優勝していない)浦和レッズにJ1の洗礼を浴び、おなじ昇格チームのコンサドーレ札幌に追いつかれて引分け、と開幕ダッシュに失敗。
 その後、ユン・ジョンファン監督の古巣であるサガン鳥栖にようやく勝利すると、松田陸横浜F・マリノス齋藤学を自由にさせずに抑えこんで、2−0と連勝。鹿島アントラーズには、これも古巣対決となった山村和也がゴール前、ニアで相手ディフェンダーから消える動きをして角度のないところからヘディングをきめて1−0で3連勝。
 大阪ダービーは、杉本健勇の2ゴールがありながらも2−2とくやしい引分け。
 第8節は、ヴァンフォーレ甲府相手に、杉本健勇の2戦連続弾で先制するも、コーナーキック(CK)からのヘディングを決められて1−1となり、これも2戦連続で引分け。
 第9節、川崎フロンターレに前半、ペナルティキック(PK)を取られるも、PK失敗に助けられ、山村和也清武弘嗣のゴールで2−0と勝利。
 第10節の柏レイソル戦は、5月の陽気のなか暑さと疲れの影響もあってか、丸橋祐介の右足でのクリアボールが、詰めてきていたクリスティアーノに当たって入ったゴールを守りきられて0−1で敗北。

【公式】ハイライト:柏レイソルvsセレッソ大阪 明治安田生命J1リーグ 第10節 2017/5/6 - YouTube


 第11節、サンフレッチェ広島には先制されるも、杉本健勇のゴールで同点。つづいて清武弘嗣が押し込んで逆転に成功。さらにはマテイ・ヨニッチがヘディングで突き放す。後半、こぼれ球をミキッチのミドルシュートで一点差に詰め寄られるも、直後に杉本健勇が、味方陣内左から相手ペナルティエリア右付近までの60〜70メートルをドリブルで持ち上がってそのままゴールを決めて再度突き放し、最後はもう一度、右サイドからのCKを、マテイ・ヨニッチが今度は足で押し込んで、5−2で勝利。
 第12節は、大宮アルディージャを相手に、左CKを、清武弘嗣がニアでヘディングして先制。つづいても右CKを山村和也が高い打点のヘディングで押し込んで追加点。さらに関口訓充のグラウンダーのマイナスのパスを、体勢をくずしながらも右足を振り抜いた杉本健勇のシュートが決まって、3−0で連勝。
 第13節は、ヴィッセル神戸に対して、マテイ・ヨニッチからのロングフィードに抜け出した山村和也が先制ゴールを決めるも、ゴール前で山下達也にぴったりとくっつかれながらもボールをおさめた渡辺千真にゴールを決められ同点。後半、神戸が盛り返したところへ山村和也の左サイドからの山なりのクロスを、途中出場した水沼宏太が右サイドのニアへボレーで突き刺して、2−1で3連勝。
 第14節は、アルビレックス新潟を迎えたホームゲームで後半、柿谷曜一朗のPKを皮切りに怒濤の4ゴールで、4−0で4連勝。
 第15節、清水エスパルスには、前半早々にチアゴ・アウベスに左サイドから破られて、チョン・テセのゴールで先制されたものの、後半ロスタイムに清武弘嗣のPKで追いついて、からくも1−1の引分け。
 第16節、なんと14年間勝てていない仙台ホームでおこなわれたベガルタ仙台戦は、柿谷曜一朗の左足ボレーで先制。さらに杉本健勇のスルーパスから山村和也のゴールで突き放すも、きれいに中央を崩されて失点。それでも、左サイドからのクロスに山下達也が打点の高いヘディングで追加点。またも美しい崩しから追いすがられるも、最後は、ソウザが放ったシュートのはね返りを山口蛍がミドルシュートでゴールへ突き刺し、4−2で勝利。
 第17節は、FC東京の永井謙佑の速いカウンターからピーター・ウタカに決められて先制されるも、後半、FC東京から加入の水沼宏太が上げたクロスを杉本健勇がヘディングで決めて追いつき、つづいてまたも水沼宏太から、これも元FC東京の松田陸がオーバーラップしてゴールにせまり、GKの左腕と左足の間を抜くシュートで逆転。さらにはソウザがミドルシュートを決めて、3−1で連勝。
 17試合で10勝5分2敗、勝点35です。

 柏レイソル(以下、柏)は、第1節をサガン鳥栖から3−1で勝利。
 第2節は、吹田相手に1−3で敗北。
 第3節は、川崎フロンターレに1−2で敗北。
 第4節は、ベガルタ仙台に0−1で敗北。
 第5節は、サンフレッチェ広島に2−0で勝利。
 第6節は、清水エスパルスに0−2で敗北。
 第7節は、ヴィッセル神戸に2−1で勝利。
 第8節は、横浜F・マリノスに2−0で連勝。
 第9節は、アルビレックス新潟に1−0で3連勝。
 第10節は、セレッソ大阪相手に暑いなか、丸橋祐介の右足のクリアミスがクリスティアーノの腰に当たってゴールに吸い込まれたゴールが決勝点となり、1−0で4連勝。
 第11節は、FC東京とのアウェイ戦、中央のペナルティエリア外から手塚康平が左足のミドルシュートを突き刺し先制。中央左寄りからクリスティアーノのスルーパスに相手DFと相手GKと競り合いながら伊藤純也が押し込んで追加点。右サイドからのクロスをヘディングで合わされて1点を返されるも逃げ切り、2−1で5連勝。
 第12節は、磐田に対して、右サイドからのグラウンダーのクロスのこぼれ球をクリスティアーノが押し込んで先制すると、後半には、右サイドからのクロスに中川寛斗がヘディングで押し込み追加点を決めて、2−0で6連勝。
 第13節は、大宮に左サイドからのCKを押し込まれ先制されるも、前半のうちに左サイドからのクロスへの処理を相手GKが手間取ったところに伊藤純也のヘディングが決まり同点にし、後半、右サイド深いところからのクロスを武富孝介がファーへ飛び込みこれもヘディングで逆転に成功。さらには右サイドからのFKをヘディングで返したところを武富孝介が押し込み追加点。つづいてクリスティアーノが右サイドを縦に切り込み、左足を振り抜いてニアへ決めたゴールでだめ押し。終了間際に右サイドからのミドルシュートを決められたものの、4−2で7連勝。
 第14節は、浦和との一戦、右サイドの小池龍太のクロスを逆サイドの武富孝介ヘディングで返し、最後も中川寛斗がヘディングして決めたのが決勝点となり、1−0で8連勝。
 第15節は、甲府と、0−0で引分け。
 第16節は、札幌に対して前半、大谷秀和からのパスを武富孝介が受けたところでファール。PKをクリスティアーノが決めて先制。FKから同点にされるも、終了間際に右サイドの伊藤純也からのパスをディエゴ・オリヴェイラが決めて、2−1で勝利。
 第17節は、鹿島相手に前半のうちに大谷秀和のゴールで先制するも、後半開始から10分ほどの間に立て続けに失点。すぐに右サイドからの攻撃でクリスティアーノがゴールを奪って追いつくもみたびゴールを奪われ、2−3で敗北。
 17試合で11勝1分5敗、勝点34です。

 つづきを読む

posted by KOBAYOU at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ大阪2017 | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

推定年俸でセレッソ大阪×FC東京をプレビューしてみた

 KOBAYOUでーす。


 


【プレビュー】清武弘嗣と大久保嘉人が出ない!? 2017J1第17節

 というわけで。
「セレッソ大阪vsFC東京」を採りあげて、推定年俸をつかってプレビューしてみましょう。

 方法はいつもとおなじ。スタメン11名とベンチ7名を予想して、その推定年俸を戦闘力として(笑)眺めてみよう、といったところ。
 毎回書いていますが、お遊びですからねー。推定年俸=スカウターの戦闘力((C)鳥山明)、みたいなノリだと思って楽しんでもらえたら嬉しいです。



 ではさっそく、次の表をみてみましょう。


いうまでもなくもちろんジョークです

 なんとなく、公式感を出してみました(笑)。試合のメンバー表風になっています。


ここまでの両チーム

 セレッソ大阪(以下、C大阪)は、開幕節を、J1残留をぎりぎりではたしたジュビロ磐田と引分けたあと、2016年間勝点1位(でも優勝していない)浦和レッズにJ1の洗礼を浴び、おなじ昇格チームのコンサドーレ札幌に追いつかれて引分け、と開幕ダッシュに失敗。
 その後、ユン・ジョンファン監督の古巣であるサガン鳥栖にようやく勝利すると、松田陸横浜F・マリノス齋藤学を自由にさせずに抑えこんで、2−0と連勝。鹿島アントラーズには、これも古巣対決となった山村和也がゴール前、ニアで相手ディフェンダーから消える動きをして角度のないところからヘディングをきめて1−0で3連勝。
 大阪ダービーは、杉本健勇の2ゴールがありながらも2−2とくやしい引分け。
 第8節は、ヴァンフォーレ甲府相手に、杉本健勇の2戦連続弾で先制するも、コーナーキック(CK)からのヘディングを決められて1−1となり、これも2戦連続で引分け。
 第9節、川崎フロンターレに前半、ペナルティキック(PK)を取られるも、PK失敗に助けられ、山村和也清武弘嗣のゴールで2−0と勝利。
 第10節の柏レイソル戦は、5月の陽気のなか暑さと疲れの影響もあってか、丸橋祐介の右足でのクリアボールが、詰めてきていたクリスティアーノに当たって入ったゴールを守りきられて0−1で敗北。
 第11節、サンフレッチェ広島には先制されるも、杉本健勇のゴールで同点。つづいて清武弘嗣が押し込んで逆転に成功。さらにはマテイ・ヨニッチがヘディングで突き放す。後半、こぼれ球をミキッチのミドルシュートで一点差に詰め寄られるも、直後に杉本健勇が、味方陣内左から相手ペナルティエリア右付近までの60〜70メートルをドリブルで持ち上がってそのままゴールを決めて再度突き放し、最後はもう一度、右サイドからのCKを、マテイ・ヨニッチが今度は足で押し込んで、5−2で勝利。
 第12節は、大宮アルディージャを相手に、左CKを、清武弘嗣がニアでヘディングして先制。つづいても右CKを山村和也が高い打点のヘディングで押し込んで追加点。さらに関口訓充のグラウンダーのマイナスのパスを、体勢をくずしながらも右足を振り抜いた杉本健勇のシュートが決まって、3−0で勝利。
 第13節は、ヴィッセル神戸に対して、マテイ・ヨニッチからのロングフィードに抜け出した山村和也が先制ゴールを決めるも、ゴール前で山下達也にぴったりとくっつかれながらもボールをおさめた渡辺千真にゴールを決められ同点。後半、神戸が盛り返したところへ山村和也の左サイドからの山なりのクロスを、途中出場した水沼宏太が右サイドのニアへボレーで突き刺して、2−1で勝利。
 第14節は、アルビレックス新潟を迎えたホームゲームで後半、柿谷曜一朗のPKを皮切りに怒濤の4ゴールで、4−0で勝利。
 第15節、清水エスパルスには、前半早々にチアゴ・アウベスに左サイドから破られて、チョン・テセのゴールで先制されたものの、後半ロスタイムに清武弘嗣のPKで追いついて、からくも1−1の引分け。
 第16節、なんと14年間勝てていない仙台ホームでおこなわれたベガルタ仙台戦は、柿谷曜一朗の左足ボレーで先制。さらに杉本健勇のスルーパスから山村和也のゴールで突き放すも、きれいに中央を崩されて失点。それでも、左サイドからのクロスに山下達也が打点の高いヘディングで追加点。またも美しい崩しから追いすがられるも、最後は、ソウザが放ったシュートのはね返りを山口蛍がミドルシュートでゴールへ突き刺し、4−2で勝利。
 16試合で9勝5分2敗、勝点32です。

 FC東京(以下、FC東京)は、第1節、鹿島あいてに中島翔哉のシュートからオウンゴールを誘い、1−0で勝利。
 第2節は、大宮をホームへ迎えて、森重真人中島翔哉のゴールで、2−0と連勝。
 第3節、吹田に、0−3で敗北。
 第4節は、川崎との多摩川クラシコ、2016シーズンまで川崎に在籍していた大久保嘉人のダメ押し弾もあって、3−0で勝利。
 第5節は、鳥栖をあいてにシーソーゲームを展開し、ピーター・ウタカの2ゴールもあっていったんは引き離すも追いつかれ、3−3で引分け。
 第6節は、札幌に対し、東慶悟のゴールで先制するも逆転され、1−2で敗北。
 第7節は、浦和とのホームゲームを、前半早々の失点を取り返せず、0−1で連敗。
 第8節は、新潟に太田宏介橋本拳人大久保嘉人のゴールで、3−0と勝利。
 第9節は、広島をホームに迎えた一戦、後半にCKのこぼれ球を丸山祐市が押し込んで、1−0で連勝。
 第10節は、仙台あいてに大久保嘉人の2ゴールで、2−0と3連勝。
 第11節は、柏に2失点後、田邉草民の意地のヘディングで追撃するも届かず、1−2で敗北。
 第12節、神戸とのアウェイ戦は、永井謙佑のループシュートで先制も追いつかれ、1−1で引分け。
 第13節、甲府戦は開始そうそう、CKからの流れで高萩洋次郎のヘディングで先制するも、田邉草民のパスミスから同点にされ、1−1で引分け。ちなみにその田邉草民は次節以降、リーグ戦ではベンチ外になっています。
 第14節は、清水あいてに、大久保嘉人の2ゴールで、2−0で勝利。
 第15節、横浜F・マリノス戦は、後半ぎりぎりまで競ったものの試合終了間際に失点し、0−1で敗北。
 第16節は、磐田に対し11分で失点、その10分後には大久保嘉人の負傷交代でゲームプランがくずれ、後半にも失点して、0−2で敗北。
 16試合で、7勝3分6敗、勝点24です。

 つづきを読む

posted by KOBAYOU at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ大阪2017 | 更新情報をチェックする