2017年08月05日

推定年俸の観点からセレッソ×札幌をプレビューしてみた

 KOBAYOUでーす。


 暫定でおこなった1試合をのぞいて全クラブ19試合と考えると、すでに鹿島アントラーズに抜かれて2位になったセレッソ大阪。いっそこの時期、挑戦者でいられるほうがいいのかもしれません。
 が。
 くやしいですッ!

【プレビュー】いまこそアウェイがよかった。2017J1第20節

 というわけで。
「セレッソ大阪×コンサドーレ札幌」を採りあげて、推定年俸をつかってプレビューしてみましょう。

 方法はいつもとおなじ。スタメン11名とベンチ7名を予想して、その推定年俸を戦闘力として(笑)眺めてみよう、といったところ。
 毎回書いていますが、お遊びですからねー。推定年俸=スカウターの戦闘力((C)鳥山明)、みたいなノリだと思って楽しんでもらえたら嬉しいです。



 ではさっそく、次の表をみてみましょう。


いうまでもなくもちろんジョークです

 なんとなく、公式感を出してみました(笑)。試合のメンバー表風になっています。

 ちなみに前回対戦のジョークプレビューもあります。


参考:
【推定年俸】コンサドーレ札幌×セレッソ大阪【プレビュー】


ここまでの両チーム

 北海道コンサドーレ札幌(以下、札幌)は、第1節、ベガルタ仙台の攻撃を試合終盤まで耐えたにもかかわらず、ミドルシュートのこぼれ球を押し込まれた痛恨の失点で、0−1と敗北。
 第2節は、後半開始早々からの2失点で前がかりになるも、そこを横浜F・マリノスにつけこまれてカウンターで3点目を決められ、0−3で敗北。
 第3節は、セレッソ大阪との昇格組どうしの対戦。マテイ・ヨニッチにヘディングで先制されるも、左サイドからのボールを都倉賢の打点の高いヘディングで追いつき、1−1で引分け。
 第4節は、サンフレッチェ広島に対して、都倉賢の2試合連続弾で先制もすぐに追いつかれたものの、オウンゴールを誘って突き放してそのまま、2−1の勝利。
 第5節は、ヴァンフォーレ甲府に、前半終了間際と後半開始早々に失点し、0−2で敗北。
 第6節は、FC東京の左サイドからのクロスをフリーで受け取らせた東慶悟にシュートを決められ先制をゆるすも、ジュリーニョが右CKからのこぼれ球をヘディングで押し込み同点にすると、後半開始早々に都倉賢が決勝点を奪って、2−1で勝利。
 第7節は、川崎フロンターレとの一戦は後半、ペナルティエリア(PA)のなかで福森晃斗中村憲剛を倒したと判定され、小林悠にペナルティキック(PK)を決められるも、左サイドからのクロスを都倉賢が押し込んで追いつき、1−1で引分け。
 第8節は、浦和レッズに、CKのこぼれ球を押し込まれ先制されるも、兵藤慎剛が飛び出してGKとの1対1を制して同点にし、その後2点を失うも、福森晃斗のフリーキック(FK)で追いすがったが惜しくも届かず、2−3で敗北。
 第9節は、ジュビロ磐田相手に、横山知伸都倉賢のゴールで優位にすすめたいところだったが追いつかれ、2−2で引分け。
 第10節は、大宮アルディージャに、福森晃斗の左CKから金園英学が合わせて、はねかえったボールを宮澤裕樹がゴールし、1−0で勝利。
 第11節は、吹田に、前半終了間際のループシュートと、後半終了間際のカウンターからゴールを決められ、0−2で敗北。
 第12節は、新潟に、呂比須ワグナー監督の初勝利をプレゼントしてしまい、0−1で連敗。
 第13節は、サガン鳥栖に対して、0−1で3連敗。
 第14節は、ヴィッセル神戸との一戦、試合開始早々に福森晃斗の左CKを都倉賢がヘディングでつなぎ、ジュリーニョの先制ゴール。前半終了間際に追いつかれ、後半終了間際に逆転され、1−2で4連敗。
 第15節は、鹿島アントラーズ相手に、0−3で5連敗。
 第16節は、柏レイソルに対して、前半終了間際にPKを与えてしまうものの、後半にゴール前からのFKを、2017シーズン初スタメンのヘイスが決めて同点。後半終了間際に、左サイドからの攻撃をゴールに結びつけられ、1−2で6連敗。
 第17節は、清水エスパルスに試合開始早々、都倉賢がゴールライン際まで深く持ち込んで折り返したところをヘイスの2試合連続弾がきまって、1−0で勝利。
 第18節は、大宮に、後半早々2点を奪われたものの終盤、福森晃斗の直接FKによる2ゴールで追いつき、2−2で引分け。
 第19節は、浦和に対して、福森晃斗の左CKを都倉賢がヘディングで先制すると、新加入で途中投入のジェイがヘディングで初得点を決め、2−0で勝利。ペトロビッチ監督体制の終焉を見届けたクラブになりました。

 19試合で5勝4分10敗、勝点19です。


 対するセレッソ大阪(以下、C大阪)ですが。
 つづきを読む

posted by KOBAYOU at 16:40 | Comment(0) | セレッソ大阪2017 | 更新情報をチェックする