2017年08月09日

推定年俸の観点から清水×セレッソをプレビューしてみた

 KOBAYOUでーす。


 杉本健勇がJリーグの月間MVP獲っちゃいましたよ。あの健勇がねぇ……(しみじみ)。等々力を「とうとうりき」って言っちゃうようなコがねぇ。

【プレビュー】日本平はスクランブル! 2017J1第21節

 というわけで。
「清水エスパルス×セレッソ大阪」を採りあげて、推定年俸をつかってプレビューしてみましょう。

 方法はいつもとおなじ。スタメン11名とベンチ7名を予想して、その推定年俸を戦闘力として(笑)眺めてみよう、といったところ。
 毎回書いていますが、お遊びですからねー。推定年俸=スカウターの戦闘力((C)鳥山明)、みたいなノリだと思って楽しんでもらえたら嬉しいです。



 ではさっそく、次の表をみてみましょう。


いうまでもなくもちろんジョークです

 なんとなく、公式感を出してみました(笑)。試合のメンバー表風になっています。

 ちなみに前回対戦のジョークプレビューもあります。


参考:
【推定年俸】セレッソ大阪×清水エスパルスをプレビューする

ここまでの両チーム

 清水エスパルス(以下、清水)は、第1節をヴィッセル神戸に0−1で敗北。
 第2節は、サンフレッチェ広島に1−0で勝利。
 第3節は、アルビレックス新潟に2−0で連勝。
 第4節は、鹿島アントラーズに2−0から逆転され、2−3で敗北。
 第5節は、ジュビロ磐田との静岡ダービーを、1−3で連敗。
 第6節は、柏レイソルに、2−0で勝利。
 第7節は、大宮アルディージャを相手に、1−1で2017シーズン初の引分。
 第8節は、川崎フロンターレとの一戦は、14分に金子翔太のメモリアルゴールも、2−2で引分。
 第9節は、ベガルタ仙台に、0−3で敗北。
 第10節は、吹田に、1−1で引分け。
 第11節は、サガン鳥栖に、1−1で引分け。
 第12節は、浦和レッズに、3−3で引分け。
 第13節は、横浜F・マリノスに、1−3で敗北。
 第14節は、FC東京に、0−2で連敗。 
 第15節は、セレッソ大阪に対して、チアゴ・アウベスのクロスにチョン・テセがヘディングで飛び込み先制。そのまま終了するかと思われた後半ロスタイムに、ハンドでPKを与えてしまい、清武弘嗣にそのPKを決められ、1−1で引分け。
 第16節は、ヴァンフォーレ甲府に、左CKをチアゴ・アウベスが蹴り、カヌが落としたところを二見宏志がボレーで叩き込み、1−0で勝利。
 第17節は、コンサドーレ札幌に、前半開始早々、ロングボールからの折り返しを押し込まれて失点し、0−1で敗北。
 第18節は、吹田との一戦は、クラブ創立25周年記念マッチ、左CKを金子翔太が蹴り、カヌがニアで角度を変え、ファーの松原后が体で押し込んで先制。さらに前半、いったんはプレーが切れかけたところに相手GKがなぜか飛び出し、それに反応した竹内涼がGKにさわられないよう中央へボールを送ると鎌田翔雅がヘディングで押し込み、2−0で勝利。
 第19節は、横浜F・マリノスに、2度引きはなされるものの長谷川悠チョン・テセのゴールで追いつき、2−2で引分け。
 第20節は、鳥栖に対して、長谷川悠がゴールをあげるも一歩とどかず、1−2で敗北。

 20試合で5勝7分8敗、勝点22です。


 対するセレッソ大阪(以下、C大阪)ですが。
 つづきを読む

posted by KOBAYOU at 07:47 | Comment(0) | セレッソ大阪2017 | 更新情報をチェックする