2016年11月26日

セレッソの、プレーオフ前、思うこと。

 いよいよ明日の2016年11月27日、J1昇格プレーオフ準決勝です。

 2016シーズンのJ2リーグを4位で終えたセレッソ大阪は、去年とおなじ順位、おなじながれ。
 一試合めは、引き分け以上で勝ち上がり。負ければ終わり。


ちなみに去年のいまごろは



 監督が変わって数試合。
 連携がとれていなくて、相手DFラインの裏をとる動きがすくなかったみたいですね。


 ヤンマースタジアム長居には、13,893人。それもあって、ことしはキンチョウスタジアムになったのかも。
(おなじ入場者数でも、採算がとれるかどうかと収容率がちがってくるのです)


 結果は引き分け。去年は、ルールのおかげで勝ち上がったわけです。


去年よりずっと綺麗(なサッカー)になった


 去年とくらべると、健勇がいて、曜一朗がいて。
 ここ数試合、セレッソ大阪らしい、パスをつないで崩すサッカーが垣間見られています。
 まず、90分。リアリズムに徹するためになにをするか−−。


攻めたおせ! セレッソ大阪!!


 セレッソ大阪に必要なリアリズムは「守りきって勝つ」じゃありません。
「攻めて勝つ」です。
 あんな思いはもう必要ありません。ただ攻めて、勝つのみ。
posted by KOBAYOU at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ大阪 | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

【おかえり曜一朗!】君の微笑みはみんなを幸せにする−−。2016J2第40節セレッソ大阪vs愛媛FC@キンチョウスタジアム

プレー中の曜一朗に寄ってみました
 3人目の交替選手をベンチが呼んだ瞬間、スタジアム全体がどよめいた。否、厳密にいえば、ゴール裏とバックスタンドが、というべきか。メインスタンド側からは見えにくい位置だったからである。
 ほどなくして、第4の審判の前に姿をあらわしたのは、背番号8。
 そして−−。
 ついに帰ってきたのだ。彼自身が渇望したであろう、緑の野へ。

 杉本健勇がゴールを奪った。
 柿谷曜一朗が復帰した。
 無失点試合だった。
 勝点3を得た。

 端的にいえば、それだけの試合だった。

 だがしかし、得たものは、実はとても、大きかったのかもしれない−−。
posted by KOBAYOU at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ大阪 | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

さて来期のチケットですけれども。

 さすがに終わったばかりですし、シーズン通して買うかどうかは決められません。……って、まるで選手が残留するかを訊かれた時のコメントみたいですけれど(苦笑)。

 《第二になっても来期も買ってね》といったニュースリリースもされているあたり、フロントには当然の危機感があるようです。ただ、J1とはちがってJ2だと長居スタジアムの改修が終わっても第二陸上競技場のままでしょう。リーグからの分配金の減少やそれにともなう賃料の関係もありますからね。値段は若干下がるかと思っていましたけれど、そんなことは当然なく(もともとセレッソはJ屈指のチケットの安さを誇っているのですが)。
 そんな状態で決して安くはない年間のパスを購入するのは、やはり躊躇してしまいますね。
 しばらくは悩むことでしょう。来年のキャンプインまでにはなんとか(ってやっぱり選手の契約みたいだわ(笑))。
posted by KOBAYOU at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ大阪 | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

楽しいな〜♪

 J2っていったらアナタ、北は北海道南は佐賀まで旅行しほうだいですよ!
 塚田さんありがとう、私たちをJ2に導く為に一所懸命だったんですね。気づけなくってごめ〜ん♪


 別に哀しくも悔しくもありません。
posted by KOBAYOU at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ大阪 | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

明日は最終節。

 コバ夕さん、フットボールの(というよりJリーグの)情報を日々さまざまなところから収集しているのですけれど、その内のひとつに「J's GOAL」というサイトがあります。毎節ごとのリアルタイム速報や終了後の選手コメントまで至れり尽くせりのこのサイト、試合に関するデータが要るときには、だいたいこちらを覗くことにしています。


 その「J's GOAL」、試合前日にはプレヴューが掲載されているのですけれど、今回は面白い企画をやっています。
posted by KOBAYOU at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ大阪 | 更新情報をチェックする