2016年11月05日

【プロフィール】KOBAYOU(こばゆう)ってどんなひと? あらためてプロフィールをまとめてみた。

 直前の記事で、なぜ自分自身のプロフィールを書くことが苦手なのか、を考えてみた。

参考:【プロフィール】KOBAYOU(こばゆう)ってどんなひと? プロフィールをまとめてみようとしてみた。


 書いてみて、とにかく、自分の思いをことばにする(文章にする)ことが苦手らしいことは判った。
 なので、あらためて書いてみよう……、と思ったら、むかしに書いた記事を発掘したので、まず紹介したい。ちょうど12年前(!)の記事だが、当時はテレビなんか観て、わりとヒマだったんだなぁ自分。

参考:IQテスト結果から性格を読んでみる。


 しかも過去の記事を眺めていると、以前にも「これが苦手だ」系の記事を書いていることが発覚。得意なこと、実はなんにもないんじゃないのか自分……。

参照:「感想文」が苦手です。


 ちなみに、これがむかしのプロフィール。たしかに書いていることは正しいな、とはいまでも思うけど、なにも書いていない。まさにタイトルどおり。そりゃそうだ、苦手なんだもん。青い、青いぞ自分。「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを」。

参照:プロフィールはありません!


 そのうえで。あらためてプロフィールを。


「KOBAYOU」は「こばゆう」と読む。
 ここ数年は、セレッソ大阪、というJリーグに所属するサッカークラブのサポータ。
 今年(2016年)の4月に、キヤノンのEOS Kiss X3という古いカメラを中古で購入したのをきっかけにカメラにはまり、わずか半年で、EOS 7D MarkUを(これまた中古で)購入。所有レンズは3本(2016年11月4日現在)。
 去年(2015年)の11月から、グルテンフリー生活を(ほぼ)継続中。
 発売初日からいまだに、iPhone 4Sユーザ(2016年11月4日現在)。

 こんなカンジ。思いついたら追加する予定。もしくは、個別に記事にするかも。
posted by KOBAYOU at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | 更新情報をチェックする

【プロフィール】KOBAYOU(こばゆう)ってどんなひと? プロフィールをまとめてみようとしてみた。

 自分自身がどんな人間なのかを伝えることが、とても苦手だ。
「わたしのことを知ってほしい!」という自己顕示欲よりも、照れや、自己肯定感のすくなさが上回っているからだろう。さらに、客観視したとき自分自身に特記するような「なにか」を見いだせないことがそれに輪をかけている。

 なぜ苦手なのか……、と考えると、それはきっと「『うまくやりたい』とか『きれいにまとめたい』という思いがあるからかもしれない」と気づく。というか、いま書きながら気づいた。
 以前だったら、こんなことを書くことすらいやだった。青いなぁ、むかしの自分。

「だれかに自己紹介をする」ということは、生きていれば、だれだって、何度だって、必要なことだ。
 この数ヶ月のあいだですら、すでに3回、職場で自己紹介をした記憶があるくらいだし。毎日、だれかに対面してはたらいていれば、なじみの取引先や、おなじ職場の同僚以外には、なんらかのかたちで(多寡はあっても)自己紹介をして生きていると言っても過言ではない……、かもしれない。
 カフェの店員の笑顔とかといっしょだ。自己紹介なんて、さいしょのとっかかりでしかないのだ。自分自身の内面は、話したい内容は、自己紹介のそのあとで(必要であれば)知ってもらえばいいのだ。

 苦手なことだって、やってみて、うまくいかなくて、もがいた結果を見てもらう、ということで、いいのかもしれない。データはたいせつだけど、きっと、プロフィールってそんなことじゃないのかもしれない。


【プロフィール】KOBAYOU(こばゆう)ってどんなひと? あらためてプロフィールをまとめてみた。」という記事を書くつもりで書き始めたら、書きたくないし書けないよ、という言い訳になってしまった。
ヾ(・ε・。)ォィォィ

 こんなプロフィールでいいかなぁ(いいわけないだろ!)。

 ……。
 ごめん。
 あらためて、ちゃんと書くから。
☆(ゝω・)つ


(追記)
 書いた。

参照:【プロフィール】KOBAYOU(こばゆう)ってどんなひと? あらためてプロフィールをまとめてみた。
posted by KOBAYOU at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

プロフィールはありません!

 このサイト全体がプロフィールになる、というデザインをしています。ですので、コバタユータのことを知りたい方は、出来るだけ読んでみてください♪
posted by KOBAYOU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | 更新情報をチェックする